東海道かわさき宿交流館のblog

今年最後の江戸時代の粋に遊ぶは「端唄(はうた)」でした。
出演者は、山本ゆきのさんとこうの紫さん。


「長唄(ながうた)」「清元(きよもと)」「常磐津(ときわづ)」などは劇場(歌舞伎や文楽)の演奏に対し、端唄は、言ってみれば江戸時代のポップスで、料理屋や遊郭の座敷で庶民が楽しんで聞いていた音楽とのこと。

今回は端唄を中心に、小唄、民謡、座敷唄、都々逸、長唄の演奏しながら、それぞれの特徴も話してくださいました。山本さんのトークが面白く、笑いも絶えず。




まずは『梅は咲いたか』。その歌詞を少し変えて秋バージョンで披露。続いて『さのさ節』に『木槍り唄』、『なすとかぼちゃ』。『なすとかぼちゃ』という曲は初めて聞きましたが、自分の領地について、かぼちゃとなすが喧嘩にしている中、夕顔が仲裁に入るという、なんともまぁのんびりとした唄で、こういった面白さがあるのが日本なのかなと感じました。


次は、小唄。
大正昭和時代に流行った小唄の中で『お清しゃもじ』(お清、しゃもじはどこにある~と言ってるだけですが、節回しが独特で面白い。)と、『とんがらし』を。
ここでは時々、歌い方のコツまで教えて下さり、お客さんも一緒に先生たちの三味線に合わせて歌っていました。


一部の最後は民謡で〆。『品川甚句』、『ちゃっきり節』、『淡海節』、『伊勢音頭』、『おてもやん』でした。知っている曲があると、お客さんが口ずさんでいて楽しそうでした。


こうやっていろんな曲を聞いていると、三味線の弾き方が違いますね。特に違っていたのは、小唄。小唄の時はバチは使わず指を使っていました。
山本さん曰く、長唄など大きな劇場で歌わなければならないので硬いバチを、端唄は座敷で歌うので柔らかいバチを使うとのこと。津軽三味線はバチを叩くようにして弾くのもあり、弦楽器なのに打楽器のように「叩いて」「弾く」楽器は世界的にも珍しいのだとか。また、棹の太さも違い、長唄や小唄・端唄は「細棹」、清元・常磐津などは「中棹」、義太夫・津軽三味線は「太棹」を使用しているとのこと。

DSCN7894

























休憩を挟み、第2部。
今度は長唄。歌舞伎のBGMですね。歌舞伎は所作や音楽など「型」が決まっている芸。この曲が流れるとどういうシーンなのか?(例えば『チドリ』が流れれば決闘シーンといった具合)と、イントロクイズ的な感じでお客さんとやりとり。バラエティー番組やアニメでもたまにこういった三味線音楽があって聞いたことあるな!と楽しかったです。
同じく長唄の『たぬき』という曲を披露。狸にまつわる話をまとめ、歌にしたのがそれ。



恒例の色紙ジャンケンは、座敷遊びでよくある『トラトラ(虎・女物・鉄砲に扮する遊び)』で勝負。いつもと違い見てるこちらまで楽しくなりました。
DSCN7937

























その後、三味線の体験コーナーや質問&インタビューをし、都々逸4曲、最後に江戸端唄の『さわぎ』でお別れ。
DSCN7926


























先生たちの所作や喋り方、シャレの効いた歌詞に音色。こういうのが「小粋」なのだなと間近で見てて感じました。



次回は、2019年2月16日(土)14時から「詩吟」です。お楽しみに。

 もう11月の下旬なんですね、早い…。


 今年最後の講談で交流でした。
 今回の出演者は、前座の田辺凌天さんと、二つ目の一龍斎貞弥さん。

 まずは、田辺凌天さんから。今年の4月にも交流館へ来ていただき、今回で2回目でした。幕が開きお客さんから声援を貰っていました。
 「鬼児島弥太郎(おにこじま やたろう)」を一席。児島弥太郎は戦国時代の武将で、上杉謙信の幼少期から側近として仕えていた人。持ち前の明るさとしっかりした所があるので、中~後半は調子良かったと思います。
DSCN7737


























 続いて貞弥さんの登場。喋る声が聞き取りやすく発音も綺麗。声優やナレーターもやっている方なんですね。(そういえば、他にも声優などやっている方は多いような…)
 ネタは赤穂浪士について。話の前に赤穂事件について、貞弥さんから事件のきっかけなど教えてもらい。「へぇ…」とつぶやいているお客さんもいました。
 講談にはいくつか赤穂浪士についてのネタがありますが、貞弥さん曰く一番史実に近いのではないか?という「赤穂義士本伝 殿中刀傷~切腹」を披露して下さいました。芝居で言うと、浅野内匠頭が殿中で吉良を斬りつけ~浅野が切腹するまでのお話。
DSCN7743


























 色紙プレゼントをし、休憩を挟み。
 引き続き貞弥さん。お次は「夫婦相撲」というお話でした。今、大相撲11月場所をやってますからね。大阪相撲を題材にした一席。貞弥さんの登場人物の関西弁が可愛く、しゃべりだすとお客さんが思わず笑ってしまうところも。
 最後はお客さんに笑顔で手を振ってお別れ。賑やかな一日でした。

DSCN7756




























 講談は、歴史を語るアナウンサー的なところがあるのかもなと感じました。


 次回は、2019年2月20日(水)14時から(開場:13時30分)です。よろしくお願い致します。

 最近は雨も降らずお天気がいいので、街道歩きなどにぴったりですね。


 今日は、街道講演会がありました。
 講師は、古街道研究家の宮田太郎さん。NHKラジオ第一放送『ラジオ深夜便』の中の番組「いにしえの道を訪ねて」のレギュラーをしている方です。
 今回のテーマは「縄文ロード」。縄文時代の関東平野を視野にお話して下さいました。


 日本の中で一番大きい平野は関東平野なんだそうで。
 その中の諏訪・車山・八ヶ岳のゾーンと、多摩丘陵や武蔵野台地のゾーンに分かれた文化圏それぞれから、土器や黒曜石・ヒスイなどが発掘されたんだとか。実際に、先生が取った大きな黒曜石を手にとって見させて頂きました。手に持つとズッシリと重い。太陽にかざすと透明に透けて見えるんだそうです(これが本物の黒曜石で偽物は透けないとのこと)。


 今でも綺麗に土器などが出てくるところは、当時から災害などがなく安全地帯だったといいます。だから、古代の人はそこに住んでいたんですね。人が住んでいれば、生活していた形跡があり、道もあるということで…。
 そして、交流が道路を通じて広がっていったということなんですね。



 ラジオで番組を持っているだけあって聞きやすく、時折お客さんを笑わせたりと穏やかな講演会でした。




DSCN7717




























 次回の街道講演会は、来年3月16日(土)14時から。
品川区立品川歴史館専門委員の柘植信行さんの講演会になります。詳しくはまたあとでお伝えします。お楽しみに。

このページのトップヘ