東海道かわさき宿交流館のblog

9月も半ば。ようやくあの暑さから逃れた気がしますね。
いい天気だったので、今日のお昼の落語は満員御礼。




まずは桃月庵(とうげつあん)ひしもちさん。
桃月庵白酒さんのお弟子さんです。

噺は『転失気』でした。てんしき。「てんしき」 とはなんなのか……。

話を聞いていたらわかるのですが、ようするに「おなら」のことで。
転失気を知らない和尚のとんちんかんなやりとりが面白い。
落語によくあるしったか噺ですね。



続いては、柳家わさびさん。笑点の若手大喜利などに出ている方でかなりの人気でした…!
今勢いのある二つ目ですね。
まず、まくらがおもしろかったです。泥棒の話がいくつか出てきたので、なんの話をしてくれるのかとワクワクしました。
噺は『釜泥』。石川五右衛門と言ったらこの落語でしょうか。
五右衛門の供養として釜を盗もうと盗人2人組が、町中の釜をすべて盗もうとたくらんでいる。そんな噂を聞いた豆腐屋の老夫婦が商売道具の釜を盗まれないようおじいさんが釜の中へ入り寝ずの番をする。が、酒を飲んで寝てしまい………。



泥棒が釜を盗んで歩いているところ。
DSCN7291


























休憩の前に今回はプレゼントコーナーを先にしていました。
色紙ジャンケンしているところ。2人の色紙は、誰の手に渡ったのかな。

DSCN7300

































休憩のあとは再びわさびさん。
『紺屋高尾』という高尾太夫という遊女が出てくるお話。なので、噺の世界は江戸時代ですね。
調べてみたら、大正末期に浪曲師が吹き込んだレコードがバカ売れして一気にメジャーになり、その後は三遊亭圓生や立川談志らが演じていたといいます。

気の弱そうな声からガラリと変わったりするのが上手いと感じました。




DSCN7312

























終わっても拍手が終わらず、改めて勢いのある方なのだなと思いました。




次回のお昼の落語は、12月19日(水)14時からです。
お楽しみに。

 涼しくなったと思いきや、最近また暑い日が続きますね。




 さて、8月25日(土)14時から「新内」がありました。お越しくださったのは、ワッシー・ヴィンセントさんというカメルーン出身の方です。なんと黒人初、新内の名取りを取った方なのです。
 
 もともと、カメルーンで音楽を学び、カメルーン国立オーケストラでドラマーをやっていたということで、まず初めは ボンゴ という太鼓を使って、故郷の音楽を数曲披露してくださいました。
 足には フットベル もつけてます。

DSCN7203























 
 その後、日本人にもなじみの深い「コーヒールンバ」や、美空ひばりの「悲しい酒」をワッシー流の三味線=「アフロ三味線」で演奏して頂きました。

 このアフロ三味線ですが、生れたきっかけは、ワッシーさんのお師匠さんが「あなたの新しい新内を作ってほしい」と言われたからだとか。
 どんな感じなのか筆者も気になっていたのですが、とっても素敵でした。リズムは世界共通なのだなと感じました。



DSCN7221
























 日本に来て25年が経つといいます。喋っている姿が楽しそうで、こっちまで明るい気分になりました。


 最後は、ワッシーさんの三味線演奏とともに、みんなでアフリカの唄を歌い(歌詞を見ながら)ました。





 次回は、10月20日(土)14時から。「水芸」を行います。交流館で水芸は2回目になります。
なかなか水芸をやるところがないので、かなり貴重だと思います。
どんな感じになるのか……。お楽しみに!

 麦わら細工は、江戸時代の中頃に大森から始まったといわれているもので、大森名物とされています。「東海道中膝栗毛」にも書かれているんだとか。
それが次第に、川崎にも広まりました。


そんな麦わら細工を交流館で
7月31日(火)と8月22日(水)にそれぞれ行いました。


麦わらを使って「絵ハガキ」「馬」「虫かご」の3種類を親子で挑戦してもらいました。夏休み期間なので、宿題にもってこいでしたね。みんな一生懸命作っていました。

DSCN7073
















〔麦わら細工の歴史を聞いているところ〕






DSCN7090



















〔虫かご作りを教えているところ〕





DSCN7168 1

















〔馬作りの説明を受けているところ〕







 実際に作るのを体験して、楽しく作ることが出来たという感想が多かったです。




 なお、川崎の麦わら細工を広める市民活動団体「麦人の会」とシルク博物館 学芸員の高橋典子さんに指導して頂きました。ありがとうございました。

このページのトップヘ