東海道かわさき宿交流館のblog

今日は川崎駅北口の自由通路がようやく完成!ということで、かなり賑わっていましたね。

そんな中、交流館では江戸時代の粋に遊ぶがありました。今回は「能楽」です。
喜多流の粟谷明生(あわや あきお)さんにお越しくださいました。

筆者は、大学時代に能の講義を聞いていたので、実際に舞台に立っている方のお話が聞けることもあり、楽しみにしてました。




まずは粟谷さんから、能の歴史話からスタート。
能には、一番所属人数の多い「観世流」、次に多い「宝生流」、「金春流」、「金剛流」、「喜多流」の5つあります。
しかし、江戸時代に入るまでは、「四座一流(しざいちりゅう)」といって、喜多流は入っていませんでした。その後、2代目将軍の徳川秀忠により「喜多流」も入り一流設立を認められたということです。

流派によって少しずつ違うようですが、喜多流は、シテ方で武家好みの物なのだとか。

DSCN6031
























また数ある能面の中から、4つを紹介。
簡単に……。
・小面(こおもて) → 若い女の面。13~15歳ぐらいという。
・増女(ぞうおんな) → 年増の女の面。魅力的な女性でもある。
・童子(どうじ) → 少年の面。神の化身の時にも使われる。
・中将(ちゅうじょう) → 在原業平の面。悩んでいる顔なんだとか。何に悩んでいるかというと「モテ過ぎて困る」という。

DSCN6049





















中将の面をつけているところ。
粟谷さん曰く、「面をつけると視界がかなり狭くなる。顔の形がみんな違うので、目が少し離れていたりしている人もいるから、面をつけると穴がちょうどいいところにないものがあるので、片目を瞑って演じる時がある」とおっしゃっていました。
舞を舞うのはもちろん、小道具を取り扱ったりしなければならないので動きが大変なのだなと感じます。




次に扇とお扇子の違い、扇の持ち方の話。

DSCN6053

























素踊りで「高砂」と「八島」を舞っていただきました。写真は「八島」から。

DSCN6055






















ちなみに、日本舞踊などの踊りは「踊る」。能は「舞う」という言葉が適切。




休憩をはさみ、お客さんの中から代表者に、扇の持ち方や身振り・すり足の仕方、お面をつけて扇を取るやり方、最後に全員で「高砂」を歌う体験を行いました。

DSCN6072

























お話が上手で時々笑いを入れながらも、とても内容の濃い2時間でした。




次回は、4月21日(土)14時から「民謡」を行います。

出演者は、モード・アルシャンボーさんというカナダ人女性です。
外国人初のプロの民謡家で、日本の文化にも大変造詣の深い方です。
村松喜久則先生のお弟子さんで、NHKなどにも多数出演しています。
民謡だけではなく、三味線、日本舞踊、お囃子なども名取りという芸達者な方です。
外国人からみた伝統芸能の魅力なども語っていただく予定です。

どうぞお楽しみに。

寒い日が続きますね。
いかがお過ごしでしょうか。


2月7日(水)に講談で交流がありました。

お昼の落語と同じく、前座さんと二ツ目さんを激励しようという企画です。
今回は前座は田辺いちかさん、二ツ目は田辺銀冶さんにお越しくださいました。



まず初めに、銀冶さんから。とても華やかな方です!
師匠は田辺一鶴さん。「いぶし銀のように精進しなさいという意味が込められている」とのことです。
マクラに(講談でもマクラというらしい)昭和のオリンピック話や、寄席文字、ハリ扇子の話を少々したあと、「三泥棒出会い」
明治中期が舞台のお話でした。
DSCN6002
























お次は、いちかさん。
なんか違うなぁ、何かやっていた方か?と思わず調べたら、元声優さんなんですね。

演目は「湯水の行水」
三方ヶ原の前夜(武田信玄と徳川家康・織田信長の間で行われた戦い)、物見から帰ってきて籠城を唱えた鳥居忠広に対して成瀬正義が腰抜けと喧嘩するお話。
DSCN6011

























休憩を挟み、最後にまた銀冶さんの登場。
今度は新作講談。川崎にゆかりのある坂本九が歌った名曲「上を向いて歩こう」を題材にした話。演目もそのまま「上を向いて歩こう」

作曲家の中村八大を軸に、坂本九、作詞家の永六輔、ナベプロ創立者の渡辺晋を交えて面白おかしいお話でした。
DSCN6022























筆者は、昭和歌謡曲が好きなので、とっても面白かったです。
講談はなにも歴史ものだけではないんですね。
こういった最近の人物をテーマにしたものもあるんだと思いました。





次回は、4月18日(水)14時からです。
どうぞお楽しみに。

最近毎日寒い日が続きますが、いいお天気で助かりますね。

そうこうしてるうちに今年もあと9日で終わり…。





さて12月20日(水)に前座・二ツ目「お昼の落語」がありました。
今年最後のイベントです。


まずは前座の春風亭一猿さんの「たらちね」。
師匠は、春風亭一朝さん。前座歴2年目とのことです。なかなか丁寧で上手だったと思います。
あとはどんどん自分の「色」が出てくればいいですね。

DSCN5764

























続いては二つ目の林家たこ平さん。
師匠は林家正蔵さん。口調も師匠に似ててちょっと惚けた感じで、柔らかい雰囲気がありました。

まくらは落語の興行について。
落語界では、上席・中席・下席というのがあって、上席は毎月1日から10日のこと。もしくはその間に行われる興行。
中席は毎月11日から20日のこと。もしくはその10日間に行われる興行。
下席は毎月21から30日のこと(2月は末まで)。もしくはその10日間に行なわれる興行。
という意味。

ただし、お正月だけは中席・下席とは言わないそうです。お正月は、初席 ハツセキ(=正月の上席のこと)という。
その初席は、真打しか出れないとのこと。二つ目は予備に呼ばれるのだそうですが、たこ平さん曰く「なんの予備かわからない」と笑いをとっていました。

浅草演芸ホールでは、200人の落語家や漫才師やマジックなどの人が、朝から晩まで入れ替わり立ち代わり出演するといいます。
この日ばかりは寄席の高座はだいたい約15分。トリで30分なのだとか。
なので休憩時間が20分に1度行うという、せわしないといえばせわしないですね(;^ω^)


お客さんとの つかみはオッケーということで、いよいよ本題へ。
講談や漫才師は「先生」と言われますが、落語では先生よりも「師匠」と呼ばれます。落語の話の世界にも先生はいますが…………というわけで「やかん」を披露してくださいました。
知ったかぶりの話ですね。

DSCN5791



























この後休憩が入り、もう一度たこ平さんの登場。
「天狗裁き」
夢がテーマのお話。また、落語の中で天狗が出てくる話は結構めずらしいネタです。

DSCN5773
























最後は、一猿さんとたこ平さんのサインのプレゼントコーナー。
ジャンケンで勝った方に差し上げました。

DSCN5796



























落語を聞いて、笑って寒さを吹っ飛ばすのもいいですね。





次回の 前座・二ツ目 お昼の落語は2018年3月21日(水)午後2時からです。
出演者はまだ決まってません。もうしばらくお待ちください。




なお、今年度は12月28日(木)まで開館しております。
来年は1月3日(水)までお休み。
1月4日(木)から開館します。

良いお年をお迎えください。


このページのトップヘ