東海道かわさき宿交流館のblog

浮世絵展 「月百姿」の後期編が今月8日から始まります。


只今、準備中です。もうしばらくお待ちを。




さて、覚えてますか。

月百姿は、つきひゃくすがた ではないですよ。
つきひゃくし ですよ。(もしくは、つきのひゃくし かな)



前期は、平安時代や鎌倉時代の貴族や、戦国時代の武将といった人物が中心でした。
残り50枚である後期は、江戸時代の人物、江戸時代の風俗、歌舞伎・能・日本昔話、
中国故事を題材にしたものを中心に展示します。



「月百姿」を展示する時や本にされる時、私が見た限りですと、ほとんどの場合、
出版された年日順に展示されることが多いのですが(というか、月百姿に限らず他の作品でもそのような傾向があるけど)、当館では分類して飾っているのが特徴です。


街道物だったり、物語性になっている作品でしたら、当たり前ですけれど順番通りに並ばないとおかしいですけれどね。

この作品は、7年間かけて制作されたものですが、特に絵柄がすごく変わっているというわけでもなく。また作品に番号もつけられていません。

出版順ですと統一性のない流れになってしまうので、見ていてぐちゃぐちゃしてどうかなあと思い、分けてみました。(たとえば、中国系の絵の後に平安時代の人物が続いて、今度は江戸時代の風俗になったりするので…)


この作品100枚見ていて思ったことは、素直によく100枚分の月に関する絵を考えたなぁということ! それから、中国と日本では「月」に関する伝承が違うということですね。


ここでそのことを書きたいのですが、それはご自身で楽しんで見てください…!




※今回3階展示室は作品保護のため、室内が暗くなっております。
また、写真撮影はご遠慮くださいませ。

よろしくお願い致します。

ものすごーーーく久しぶりに書きます・・・・・・。



今日から大蘇(月岡)芳年の『月百姿』が始まります。


作者は、月岡芳年という明治期に大活躍した浮世絵師です。
芳年といえば「血みどろ絵」や「残酷絵」が有名。
(ここに載せたいですが、ちょっとグロテスクなので控えますね・・・)


彼の絵の特徴は、線が繊細、色鮮やか。加えて躍動感ある構図。
江戸の浮世絵とは雰囲気が違い、現代の漫画にも通じるような絵柄。
なのでファンも多い。



さて、「大蘇」という名前が気になりますね。

芳年は、20歳ぐらいのころに神経衰弱にかかってしまい、
しばらく作品が描けない状態になってしまったのですよ!

闘病生活を送ってたけれど、ようやく元気になり、
「大きく蘇る」という意味を込めて、「大蘇(たいそ)」という名前に変えました。
そこからまた精力的に作品を描き出してゆきます。

その一つの作品が『月百姿』なのです!!


『月百姿』は全部で100枚物の連作。
かならず「月」に関する故事や昔話などになっており、バリエーション豊かな作品です。

展示室の関係で、一気に100枚飾れないのがくやしい。(展示準備が大変だけれど・・・)

なので、前期・後期とわけて、2か月間展示します。こんなに期間が長いのは今回が初めて。


前期(2月8日~28日)は、平安貴族や戦国武将など人物が中心。
後期(3月8日~28日)は、中国の故事や日本の昔話、江戸の風俗などが中心。

となっています。

CIMG3889

そうそう。最後に余談。

「月百姿」の読みは、一般的には「つきひゃくし」と呼ばれていますが、どうもこれ、つきひゃくしではないのでは・・・?

なぜかというと、一枚一枚の作品に「月百姿」「つき百姿」と書かれているのですが、他に「つきの百姿」「月の百姿」と書かれたものが全部で十数枚あるのです。


たとえば、源頼朝の読みは「みなもと の よりとも」ですよね。

これと同じように、月百姿も「つき の ひゃくし」と呼ぶのが本当なのではないかな・・・・・・。???




というわけで、ぜひ交流館に来て「月の百姿」を見に来て下さいー。



※今回3階展示室は作品保護のため、室内が暗くなっております。
また、写真撮影はご遠慮くださいませ。
よろしくお願い致します。

お久しぶりです。

8月9日(土)に江戸時代の粋に遊ぶのイベントがありました。
今回は、宮田章司さんによる「江戸売り声」でした。


江戸売り声、つまり江戸時代の売り声。

売り声とはなんでしょうか。

何か物を売るときに、その商品の名などを言って、客を引き寄せて呼ぶ声のことです。
説明、そのまんまですね。

今でも、たまぁに聞くと思います。
デパートやスーパーに行くと、聞きませんか?魚や野菜のコーナーで売り声をしてますね。
また、冬場になると自動車もしくは、リヤカーをひっぱって、焼いも屋さんが通るときにも売り声を使ってます。
数十年前までは、豆腐・納豆・牛乳・富山の薬売りなどなど、いろんな物売りがあったそうですが、現在ではほとんど姿を消してしまってます。
売り声というものは消えてませんが、こういった光景は見なくなってしまいました。


そんな物売りは、江戸時代にもありました。
朝顔売り、魚売り、飴売り、金魚売り、お宝売り、油売り、くずや、唐辛子売り・・・・・・・・・・。


江戸時代は、いろんな物売り声に囲まれていたんですね。
cats


今回は、江戸時代から昭和まで続いた物売り声について演じてくださいました。



魚売り
のこぎりの目立て
キセルの羅宇屋
納豆屋
蜆売り
越中富山の薬売り
金魚売り
包丁屋
豆腐屋
煮豆売り
飴売り

などなどなど



宮田さんいわく、
昔は売り物屋が売りに来たのに、今の時代は自分が買いに行かなくてはならないので、不便だとおっしゃっていました。
・・・・・言われてみれば、そうかもしれません。

そんな話をしながら、たくさんの売り声を披露し下さいました。


ありがとうございました。






次回の江戸時代の粋に遊ぶは、10月18日(土) 義太夫になります。
浄瑠璃に竹本越若、三味線に鶴澤賀寿 です。

予約は必要ありません。当日券(1、500円)となります。
交流館の4階でチケットを購入してください。

今回は、実演とワークショップ付きだそうです。
どんなことをするのかは……、
当日のお楽しみにということで。


お待ちしています。

このページのトップヘ