東海道かわさき宿交流館のblog

東海道ウォーク第5回は、平成27年9月18日(金)定刻の9時15分に参加者25名とガイド3名が保土ヶ谷駅に集合し、戸塚駅までの約10kmのコースを実施。

当日は、前日からの雨が残り、明け方に雷鳴が轟き心配であったが、集合時刻頃には、時おり雨が落ちてくる程度に回復した。

駅前商店街となっている旧東海道に設置された助郷開所跡、問屋場跡、高札場跡の標識を見ながら、
まずは、金沢や鎌倉への分岐点であった金沢横丁の石碑(道標)に到着。ここは狭い道に車の通行が多く、じっくりと見学はむずかしい。
次にJR踏切を渡り、国道1号に合流し、苅部家本陣跡に残る門、旅籠屋跡の建物を見ながら歩くと、国道と別れ、旧道に入る。
庭園が美しい樹源寺を経て、権太坂に入る。坂は、横横道路の陸橋や周辺宅地開発等により、なだらかになっているが、歩みの遅くなる方も出てくる境木地蔵

坂を上りきると武蔵国と相模国の境であった境木に到着、ここで境木地蔵尊、新たに設置された国境モニュメントを見る。
続いて、焼餅坂を下ると、品濃一里塚に至る。
ここは神奈川県内ではほぼ完全な形で残る唯一の一里塚と言われ、現道は塚から6m程切り下げられている。

信濃一里塚














本日は雨につき、東戸塚駅付近のショッピングビルで昼食をとるため、しばし解散する。
食後の集合時刻になると、青空が見えるほどの天気となる。
午後は、しばらくは旧道が続くものの、やがて国道1号に合流する。

国道歩きに疲れたころに、東海道を少し離れて王子神社に立ち寄る。
この神社は、護良親王を祭神としている。親王は父後醍醐天皇の鎌倉幕府打倒に尽くしたが参画し、鎌倉で幽閉されて殺されたが、親王派は首を奪ってこの神社の本殿下に葬ったとされる。
 親王の首を洗い清めた「首洗井戸」にも続いて立ち寄る。王子神社

この付近は、明治初期には英国人が設立したハム工場があり、やがてその製造法を受け継いだ日本人が鎌倉ハムを設立し、大正期に建設されたレンガ造のハム工場の建物が残っている。


ハム工場

国道に戻りしばらく歩くと、戸塚宿の江戸方見附跡の標識がレストランの店先にある。

歌川広重の「東海道五拾三次之内戸塚」に描かれた戸塚宿を代表する場所である柏尾川に架かる吉田橋を渡ると、戸塚駅前の市街地に入る。
吉田橋


JR跨線橋や駅前広場のペデストリアンデッキから降りてすぐの場所に、本日の最後の見学地となる清源院。
この寺院は、徳川家康の側室であった、お万の方が開いたと伝わり、本堂扉には、葵の御紋が掲げられている。
清源院


雨が降り出したので、予定していたストレッチも切り上げ、急いで戸塚駅に向かい、次回10月16日の集合地点となる改札口にて解散した。

8月21日(金)12時30分ごろ。
 
その方は、今月から始まった「手工芸作品懐かしい店先 写真あのころの川崎」展の際に、うちにも戦後の写真があるので参考になればと写真を交流館に持ってきたところだったようで。

 
その時がなんと10万人。本人も驚いていました。



市内在住の斎藤至旦(のりあき)さんのご実家は、川崎駅前付近で写真展を営んでいたということです。
展示に関係するので、さっそく3階に提供して下さった6枚の写真を写真パネルにして飾らせて頂きました。

25日(火)の午後4時に、再度斎藤さんをお呼びして、10万人記念の贈呈式を行いました。
CIMG5282
























さて、東海道かわさき宿交流館は平成25年10月1日からオープンし、まだ2年経っていないのに早くも10万人を超えました。このハイスピードさ。


2~3階の展示を見に来る方もいれば、4階集会室を利用する方も。

秋に近づいてきたので、またこれから街道歩きといったツアーで交流館に寄ったり。
(最大で1日に5・6グループ 計200人が来館したりと、まぁその時は受付が大変忙しい)

今年の夏休みは、小中学生がよく訪れていました。(子ども向けワークシート結構人気でした)



そういったさまざまな形で、交流館を利用して下さってまことに嬉しい限りです。

川崎市民はもちろんのこと、もっとたくさんの方たちが交流館に訪れていただけるよう、利用者サービス向上めざしたいと思っています。



これからも東海道かわさき宿交流館をよろしくお願い致します。







まだまだまだ暑い日が続きますね。



さて、8月の展示は懐かしい店先&昭和30年代の川崎の写真 展 です。


去年盛況でした、小嶋敏子さんの昭和初期のお店模型と、それに合わせて、昭和初期の川崎の写真を18日から展示してます。



初日、展示室にいたら、「へぇ・・・」「あぁーこんなのあったわ」と思わず声に出ちゃうのか、楽しそうに見て回っていました。
お客さんの話を聞いて、逆に勉強になったり(これを書いている者は平成育ちデス)




肉屋や魚屋、お茶屋、煎餅屋・・・・・・まだ個人営業しているところはありますが、昭和の雰囲気が残っているお店となると、かなり少ないですね。



昔はなんでも量り売りで、ビンやガラスケースに入れられていたのが普通だそうで。
ビニール袋やタッパもないので、新聞紙や経木に包んでお客に商品を渡す・・・。
 
今見るのは、石焼いも屋や肉屋ぐらいか・・・?




テレビや漫画、映画で商店の風景を見たぐらいで実際に見て買ってということはしたことがない者で。
うちの事務所の人から話を聞いたりして、「ああ本当にこんな時代があったんだなぁ」と。話してくれてる人は「え、本当に知らないの?」と互いに不思議がったり(?)。




お店をじっくり見ていると、結構細かく作られていて、ちゃんと神棚があったり、着物が干してあったり、提灯があったり・・・・・・。

見てると面白い。この時代のことを知らないのに、懐かしいと思ってしまうのは一体なぜ・・・?
 




露店も面白いです。

バナナのたたき売りは寅さんとかでなんとなく知ってましたが、どんど焼き、まむし屋、線香花火屋なんていうのもあったなんて・・・・・・。






そうそう。
あまり屈んで作品を見るのは辛いので、去年と同じく台を作りました。去年よりも数十cm高くしました。
土台作って、白い板を乗せたはいいものの、板にあたるとグラグラ揺れるので、補強したり・・・まぁ大変でしたw







手工芸作品と写真
「懐かしい店先・あの頃の川崎 展」は、 
10月25日(日)まで展示しています。
 
写真の入れ替えやキャプションもまた徐々に増えていく予定ですので、どうぞ遊びに来てください。

このページのトップヘ