東海道かわさき宿交流館のblog

お久しぶりです。

8月9日(土)に江戸時代の粋に遊ぶのイベントがありました。
今回は、宮田章司さんによる「江戸売り声」でした。


江戸売り声、つまり江戸時代の売り声。

売り声とはなんでしょうか。

何か物を売るときに、その商品の名などを言って、客を引き寄せて呼ぶ声のことです。
説明、そのまんまですね。

今でも、たまぁに聞くと思います。
デパートやスーパーに行くと、聞きませんか?魚や野菜のコーナーで売り声をしてますね。
また、冬場になると自動車もしくは、リヤカーをひっぱって、焼いも屋さんが通るときにも売り声を使ってます。
数十年前までは、豆腐・納豆・牛乳・富山の薬売りなどなど、いろんな物売りがあったそうですが、現在ではほとんど姿を消してしまってます。
売り声というものは消えてませんが、こういった光景は見なくなってしまいました。


そんな物売りは、江戸時代にもありました。
朝顔売り、魚売り、飴売り、金魚売り、お宝売り、油売り、くずや、唐辛子売り・・・・・・・・・・。


江戸時代は、いろんな物売り声に囲まれていたんですね。
cats


今回は、江戸時代から昭和まで続いた物売り声について演じてくださいました。



魚売り
のこぎりの目立て
キセルの羅宇屋
納豆屋
蜆売り
越中富山の薬売り
金魚売り
包丁屋
豆腐屋
煮豆売り
飴売り

などなどなど



宮田さんいわく、
昔は売り物屋が売りに来たのに、今の時代は自分が買いに行かなくてはならないので、不便だとおっしゃっていました。
・・・・・言われてみれば、そうかもしれません。

そんな話をしながら、たくさんの売り声を披露し下さいました。


ありがとうございました。






次回の江戸時代の粋に遊ぶは、10月18日(土) 義太夫になります。
浄瑠璃に竹本越若、三味線に鶴澤賀寿 です。

予約は必要ありません。当日券(1、500円)となります。
交流館の4階でチケットを購入してください。

今回は、実演とワークショップ付きだそうです。
どんなことをするのかは……、
当日のお楽しみにということで。


お待ちしています。

年初め、「江戸時代の粋に学ぶ」第4弾は、太神楽です。

「かがみもち」という、鏡味仙三(かがみせんざ)さんと、鏡味仙花(かがみせんか)さんのご夫婦にお越しくださいました。




さて、太神楽……とは、なんぞや。


まず読めますか?
そしてどういうものか、すぐに思い浮かびますか?



太神楽(だいかぐら)は、
江戸時代から伝わる曲芸を中心とする寄席芸能です。




有名なのは、お正月の時によくテレビで見る、番傘を回しながら升や鞠を転がすあれです!

あれが太神楽なのです。


大きく4つの柱から成り立ってます。


「舞」・・・獅子舞、恵比寿大黒舞など

「曲芸」・・・投げ物(バチ、金輪、鞠などをお手玉のように投げる)、立て物(傘、五階茶碗、皿などを額や顎に立てる)

「話芸」・・・掛け合い茶番

「鳴り物」・・・下座音楽、祭囃子など


有名な傘回しは、曲芸の一部というわけです。

後半は、会場の皆さんにも簡単な曲芸体験を一緒にしました。

国立劇場で3年間研修があるそうですが、まず笛を立てるところから習うそうです。




会場のお客さんも思わず、「おお…!!っ」と、どよめいたり笑ったりととても楽しい2時間であり、
まさにお正月に匹敵する催しでした。




ありがとうございました。


来月の催し物は2月15日(土)、「歌舞伎とその音楽」です。




DSCN3614DSCN3663DSCN3673



















あけましておめでとうございます。


1月の企画展示は、広重が描いた東海道五拾三次之内、通称「行書東海道」(天保12-13、1841-42)です。
異版(1枚)を含めた56枚を一挙に展示します。

行書東海道と呼ばれているのは、タイトル部分が行書で書かれているからです。
同じ55枚の作品でも、有名な保永堂版(天保4年、1833年)から約10年後の作品であり、絵柄も違っていますので、比較しながら楽しんでみてください。





ち  な  み  に  、

みなさんは広重の名前はどのように覚えてますか?





………。






安藤広重…?






残念。
そう思った方は違います!





実は、安藤広重という人物は存在しないのです。
本来は、「歌川広重」と言わなくてはなりません。

歌川というのは、歌川豊広の門下に入り、彼から広重という名をもらいました。
そして安藤というのは、広重の本名(安藤徳太郎)なのです。

彼自身、安藤広重と名乗ったことはありません。

明治以降の浮世絵研究者が間違って表記してしまい、そのまましばらく知れ渡ってしまったようです。





というわけで、行書東海道は、2月2日(日)まで展示しております。

午前9時から午後5時まで。無料です。

※ただし14日(火)、20日(月)、27日(月)は、展示は休みです。


本年も東海道かわさき宿交流館をよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ