東海道かわさき宿交流館のblog

8月21日(金)12時30分ごろ。
 
その方は、今月から始まった「手工芸作品懐かしい店先 写真あのころの川崎」展の際に、うちにも戦後の写真があるので参考になればと写真を交流館に持ってきたところだったようで。

 
その時がなんと10万人。本人も驚いていました。



市内在住の斎藤至旦(のりあき)さんのご実家は、川崎駅前付近で写真展を営んでいたということです。
展示に関係するので、さっそく3階に提供して下さった6枚の写真を写真パネルにして飾らせて頂きました。

25日(火)の午後4時に、再度斎藤さんをお呼びして、10万人記念の贈呈式を行いました。
CIMG5282
























さて、東海道かわさき宿交流館は平成25年10月1日からオープンし、まだ2年経っていないのに早くも10万人を超えました。このハイスピードさ。


2~3階の展示を見に来る方もいれば、4階集会室を利用する方も。

秋に近づいてきたので、またこれから街道歩きといったツアーで交流館に寄ったり。
(最大で1日に5・6グループ 計200人が来館したりと、まぁその時は受付が大変忙しい)

今年の夏休みは、小中学生がよく訪れていました。(子ども向けワークシート結構人気でした)



そういったさまざまな形で、交流館を利用して下さってまことに嬉しい限りです。

川崎市民はもちろんのこと、もっとたくさんの方たちが交流館に訪れていただけるよう、利用者サービス向上めざしたいと思っています。



これからも東海道かわさき宿交流館をよろしくお願い致します。







まだまだまだ暑い日が続きますね。



さて、8月の展示は懐かしい店先&昭和30年代の川崎の写真 展 です。


去年盛況でした、小嶋敏子さんの昭和初期のお店模型と、それに合わせて、昭和初期の川崎の写真を18日から展示してます。



初日、展示室にいたら、「へぇ・・・」「あぁーこんなのあったわ」と思わず声に出ちゃうのか、楽しそうに見て回っていました。
お客さんの話を聞いて、逆に勉強になったり(これを書いている者は平成育ちデス)




肉屋や魚屋、お茶屋、煎餅屋・・・・・・まだ個人営業しているところはありますが、昭和の雰囲気が残っているお店となると、かなり少ないですね。



昔はなんでも量り売りで、ビンやガラスケースに入れられていたのが普通だそうで。
ビニール袋やタッパもないので、新聞紙や経木に包んでお客に商品を渡す・・・。
 
今見るのは、石焼いも屋や肉屋ぐらいか・・・?




テレビや漫画、映画で商店の風景を見たぐらいで実際に見て買ってということはしたことがない者で。
うちの事務所の人から話を聞いたりして、「ああ本当にこんな時代があったんだなぁ」と。話してくれてる人は「え、本当に知らないの?」と互いに不思議がったり(?)。




お店をじっくり見ていると、結構細かく作られていて、ちゃんと神棚があったり、着物が干してあったり、提灯があったり・・・・・・。

見てると面白い。この時代のことを知らないのに、懐かしいと思ってしまうのは一体なぜ・・・?
 




露店も面白いです。

バナナのたたき売りは寅さんとかでなんとなく知ってましたが、どんど焼き、まむし屋、線香花火屋なんていうのもあったなんて・・・・・・。






そうそう。
あまり屈んで作品を見るのは辛いので、去年と同じく台を作りました。去年よりも数十cm高くしました。
土台作って、白い板を乗せたはいいものの、板にあたるとグラグラ揺れるので、補強したり・・・まぁ大変でしたw







手工芸作品と写真
「懐かしい店先・あの頃の川崎 展」は、 
10月25日(日)まで展示しています。
 
写真の入れ替えやキャプションもまた徐々に増えていく予定ですので、どうぞ遊びに来てください。

平成27年7月24日(金)、第4回目のコース(JR新子安駅から保土ヶ谷駅までの約10km)を23名の参加者がガイド3名とともに歩いた。
天気予報は最高気温33度、晴であったのに、午後2時頃から雲が厚くなり雷鳴が聞こえ、時折、雨粒がポツンと落ちる天候となったが、幸にも降られることなくゴールに到着した。

このコースには、幕末開国当時に列強各国の領事館とされた寺院を始め、由緒ある社寺が多数ある。

また、神奈川地区センター前には松並木と現寸大の高札場が復元されている。
20150724高札場













街道から外れた見学ポイントとしては、神奈川台場跡に掘り出され石積の遺跡を訪れた。神奈川台場公園の背景は、工場跡地の再開発地区であるコットンハーバー地区の高層マンション。

20150724台場

20150724権現山











昼食をとった幸ケ丘公園は、権現山が神奈川台場の建設の為、削り取られた跡地であり、昔は向かい側に見える本覚寺のある丘と連なっていた。この丘は、鉄道を通すため切り開かれたわけだが、向かい側の丘を見渡して、ブラタモリ風に昔の地形をイメージできた。


横浜駅前のビルを遠目に見て、浅間神社を過ぎると、「横浜のアメ横」として知られる洪福寺松原商店街に至った。商店街の中程にある江戸方見附跡の掲示板が保土ヶ谷宿に入る目印。
相鉄線の天王町駅前にある、広重の浮世絵に描かれた「帷子橋」の跡地の公園を経て、最後の見学地は神明社。

20150724帷子橋跡
20150724神明社



保土ヶ谷駅のプラットホームを背景とする公園で、ストレッチをした後、保土ヶ谷駅改札口で解散。
途中でリタイアする人もなく全員が完歩。
8月は暑さを避け休会とし、次回の予定は、9月18日に保土ヶ谷駅から戸塚駅まで。

このページのトップヘ