東海道かわさき宿交流館のblog

今日は七夕。なのに、天気が良くないという。
ここ最近、雨が降っているので、あまりお客さんが来ないので淋しいです


さて、7月7日(火)から、3階展示場で 写真展「かわさき・見どころ展」が始まりました。


毎年行われている、川崎市観光写真コンクールの入賞作品(第58回 平成26年度)を展示してます。

また川崎区が作成した、「川崎区宝物パネル」も展示してあります。
川崎区の見どころが書かれたものです。

8月9日(日)までやります。

 
 
展示するのにあたって
 
観光写真コンクール作品に撮られた場所の説明を、簡単にこちらで書いてみました。
「ああ、あそこ(の写真)か・・・」と思っていても、いつの間にかそういう「モノ」が出来てたのか!?
と調べてて思っちゃいました。
昼と夜とでは、同じ場所でも雰囲気が違ってていいですね。
 

作品を見ていたら、撮られた時期がバラけたので、今回は季節ごと並べて展示してあります。


これから夏~秋~冬に向かうので、印象に残ったところがあったら、遊びに行ってみるのもいいかも。



3階に感想ノートも置いてあるので、いろいろ書いてください。






あと、もう1つ連絡が。

7月25日(土) に「親子体験 小笠原流礼法」という、いわばマナー講座ですね、があります。


講師は、小笠原清基(31世小笠原清忠宗家の長男)。

時間は、午後2時から午後4時まで。

場所は、東海道かわさき宿交流館 4階 集会室。

用意するものは、なし。

内容は、立ち方・お辞儀の仕方、食事の頂き方・・・・・・・など。

料金は、無料。

対象・定員人数は、小学生以上のお子さま(兄弟がいても大丈夫です)と、その親。20組。 
ただし、抽選となります。


まだ、申込み可能です。



申込み方法は、
・電話(044-280-7321)
・FAX(044-280-7314)
・東海道かわさき宿交流館 1階受付 
のどれか。

申込みの際に、
名前・住所・年齢・電話番号が必要です。
 

 

今月も交流館をよろしくお願い致します。 

東海度かわさき宿交流館は、日本橋から箱根関所までの約127kmを12回に分けて月1回あるくイベントを実施中。(参加者の募集は既に終わっております。)
第3回目は、2015年6月19日(金)に川崎から新子安までの約10kmを終日小雨が降る中を歩きました。当日は、東海道かわさき宿交流館に集合し、まずは、佐藤本陣跡の正面にある、詩人佐藤惣之助(佐藤家の子孫)の碑を見学。
次は、旧東海道から500m程離れた、妙遠寺に向かい、「泉田二君功徳妙遠寺碑」と、小泉次大夫の逆修塔を見学。泉田二君功徳碑は、二ケ領用水を完成させた小泉次大夫と、本陣の当主であり川崎宿の復興と繁栄の礎を築いた田中休愚の二人の偉業を称える碑である。逆修塔は、生前に建てた供養塔のこと。妙遠寺は、昔は東海道沿いにあったが、戦後に現在地に移転したもの。

東海道に戻り、芭蕉ポケットパークにて、東海道分間絵図や芭蕉と弟子たちの別れの句を紹介、続いて八丁畷駅付近の芭蕉の句碑に向かう。















20150619芭蕉句碑
京浜急行の踏切を渡ると、東海道に花梨の街路樹に植えられている。緑色の実を探しながら歩いていると、まもなく市境に達し横浜市鶴見区内に入る。
市場一里塚跡を経て、鶴見川橋に差し掛かるころには、雨脚が強くなってきたが、用意周到の雨具を着用した一行は、黙々と歩を進める。
20150619鶴見川橋

午前中最後の見学は、鶴見神社。たまたま、茅の輪が用意された時期であったので、掲示された作法に従い、茅の輪くぐりを体験。
20150619鶴見神社

鶴見駅近くの貸し会議室で昼食をとり、午後は、総持寺に向かい境内の諸堂をめぐる。
大祖堂では5分間の瞑想の時を過ごし、居眠りが出る前に立ち上がり、石原裕次郎氏の墓へ向かう。
20150619総持寺

総持寺を後にして、東海道に戻り、生麦の魚河岸通りへ。午後の魚河岸通りは、いたって静かなもの。
生麦事件の碑を見学すると、旧道区間は終わり、国道15号に入る。
本日最後の見学は、新子安駅の500mほど手前にある遍照寺。この寺は、徳川家康が江戸に入国したころには、当地にあったとされる古刹であるが、参道を京浜急行が分断し、山門前に踏切があることから、「踏切寺」の異名があるという。
20150619遍照院

参加者全員が無事にJR新子安駅に到り、ここが次回7月24日の集合地であることを確認し、解散。お疲れ様でした。

東海道かわさき宿交流館は、日本橋から箱根関所までの約127kmを12回に分けて月1回歩くイベントを実施中。第2回目は、2015年5月15日に品川駅から川崎駅までの約12kmを歩きました。
JR品川駅改札口に集合。午前中は、旧東海道の歴史を活かしたまちづくりを進めている品川宿の景観を楽しみながら沿道の神社仏閣などを訪ねました。
天気予報は最高気温28度の晴天とあって、品川区民公園での昼食時間は木陰を求めるほど。
午後の部を始める前に、ウォークガイドは、参加したメンバーの名前(苗字)を読み上げ各自を紹介。プライバシーに配慮しつつも、1年間、同行する仲間として親しさが生まれるキッカケになればとの思い。
旧東海道は、鈴ヶ森刑場跡にて、終了。

鈴ヶ森刑場


ここからは、国道15号の歩道を歩く区間。
途中にある、大森のミハラ通りの1km弱の区間が、海苔を商う店が連なる旧東海道で雰囲気を楽しめたものの、国道歩きは次第に疲れが増して歩みは遅くなる。
隊列が長くなるので、信号を1度で渡り切れないことも何回かあり。
P5150089




蒲田の梅屋敷公園にて、緑の中でしばしの休憩。江戸時代には茶屋が設けられ賑わったこと、明治天皇の行幸などをガイドが紹介。
ガイドは、持参のスプレー式鎮痛剤を取り出し、足の痛みや疲れを訴える人に散布サービス。
梅屋敷公園から多摩川までは約4km弱。










ようやく、六郷神社にたP5150103どり着く。
ここには、1925(大正14)年に鉄橋に架け替えられる前の最後の木橋の親柱が保存されている。


















いよいよ、443mの六郷橋を渡って川崎宿へ入る。
1868(明治元)年の舟橋による明治天皇渡御の碑、六郷橋駅跡、田中本陣跡などを見ながら、東海道かわさき宿交流館に到着。小休止後、近くの宗三寺駐車場を拝借して、クールダウンのためのストレッチを行い4時40分に解散。全員無事に完歩ごくろうさまでした。

このページのトップヘ