川崎が生んだ多才な粋人 佐藤惣之助展
交流館3階にて。期間は4月10日(金)から30日(木)まで


佐藤惣之助は、日本の詩人・作詞家です。
その他に、小説や劇の脚本も書き、趣味は釣りや旅に酒だったようです。
 
 

惣之助は明治23年、川崎市砂子で生まれました。

JR川崎駅周辺のことがわかる方でしたら、川崎信用金庫の本店が彼の生家跡であります。


惣之助と言ったら、なんといっても、昭和初期の歌謡曲の作詞に大きな功績があります。

『赤城の子守唄』
『人生劇場』
『人生の並木道』
『湖畔の宿』
『青い背広で』
『緑の地平線』

・・・・・・・・などなど。

それまで惣之助は詩や俳句を作ってましたが、作詞家へ転身したのは昭和8年からです。
彼は昭和17年に亡くなりますが、10年ほどで500以上も作詞したといいます。

当時は、惣之助の書く詞は、書けば必ずヒットすると言われていました。
現在でいえば秋元康か、少し前の阿久悠といったところか。

 

作曲家である古賀政男とよくコンビを組んでいました。
どちらかというと、古賀政男のほうが名前が知れ渡られてるイメージがありますが(書いてる当人が世代が違いすぎるのであまり知らなかっただけか・・・)、

歌謡曲は、古賀政男メロディーの裏に佐藤惣之助の詞あり

といった感じでしょうか。



ちなみに、
今では歌の中に台詞が入っている曲がありますが、歌謡曲で台詞を初めて取り入れたのは惣之助らしいです。
その歌は昭和9年に出した『雨の夜船』。
歌は東海林太郎なのですが、台詞は田中絹代が歌っています。

歌も台詞もとなると、昭和17年、高峰三枝子が歌った『湖畔の宿』となるらしいです。

まぁ、もっと前の、大正3・4年に松井須磨子が歌った『カチューシャの唄』や『ゴンドラの唄』じゃないか??とか、いろいろと諸説ありますが・・・。でもこれって芝居の中の歌だからまたちょっと違ったりすると思うけれど(ボソッと)







展示室では、惣之助の生い立ちや彼が作った歌謡曲に関して、写真パネルなどで説明してます。

作詞カードを作ったので、よかったらおみやげにどうぞ。





最後に宣伝。

来月、5月は惣之助の命日です。
その命日の月に、「酔花忌」という俳句大会が毎年あります。5月10日(日)に開催です。
(詳しくは、東海道かわさき宿交流館までTELを)

また川崎今昔会と川崎区役所の主催による市民劇『華やかな散歩』(当館1階で、チケットを販売しております)がありますので、興味がありましたらどうぞ。