平成27年7月24日(金)、第4回目のコース(JR新子安駅から保土ヶ谷駅までの約10km)を23名の参加者がガイド3名とともに歩いた。
天気予報は最高気温33度、晴であったのに、午後2時頃から雲が厚くなり雷鳴が聞こえ、時折、雨粒がポツンと落ちる天候となったが、幸にも降られることなくゴールに到着した。

このコースには、幕末開国当時に列強各国の領事館とされた寺院を始め、由緒ある社寺が多数ある。

また、神奈川地区センター前には松並木と現寸大の高札場が復元されている。
20150724高札場













街道から外れた見学ポイントとしては、神奈川台場跡に掘り出され石積の遺跡を訪れた。神奈川台場公園の背景は、工場跡地の再開発地区であるコットンハーバー地区の高層マンション。

20150724台場

20150724権現山











昼食をとった幸ケ丘公園は、権現山が神奈川台場の建設の為、削り取られた跡地であり、昔は向かい側に見える本覚寺のある丘と連なっていた。この丘は、鉄道を通すため切り開かれたわけだが、向かい側の丘を見渡して、ブラタモリ風に昔の地形をイメージできた。


横浜駅前のビルを遠目に見て、浅間神社を過ぎると、「横浜のアメ横」として知られる洪福寺松原商店街に至った。商店街の中程にある江戸方見附跡の掲示板が保土ヶ谷宿に入る目印。
相鉄線の天王町駅前にある、広重の浮世絵に描かれた「帷子橋」の跡地の公園を経て、最後の見学地は神明社。

20150724帷子橋跡
20150724神明社



保土ヶ谷駅のプラットホームを背景とする公園で、ストレッチをした後、保土ヶ谷駅改札口で解散。
途中でリタイアする人もなく全員が完歩。
8月は暑さを避け休会とし、次回の予定は、9月18日に保土ヶ谷駅から戸塚駅まで。