こんにちは。
だんだん暖かくなってきましたね。(これを書いた17日は雨&強風でしたが…)





4月16日(土)江戸時代の粋に遊ぶその20 今回は「尺八」を行いました。

出演者は、琴古流尺八宗家 川瀬順輔さんでした。


「鶴の巣籠」を披露してくださいました。
CIMG6966






















尺八は、海外でも人気の高い楽器なんだそうですね。




先生の尺八コレクション(一部)です。

CIMG6957
























尺八の長さがが一尺八寸(約54.5cm)あるから、「尺八」というようですが、いろんな長さもあるんですね。
使っているのは、真竹という竹だそうです。


ちなみに新しい尺八は、黄色っぽい色なんだとか。

一番右端にある白いものはなんと水道管で出来ているようです。……一体、どんな音だったのでしょうか……。





体験コーナーもありました。

なかなか音を出すのは難しいようです。


首振り三年ころ八年とよく言われるようです。
つまり、首を振って音の加減が出来るようになるのに3年、細かい指の動きによってころころという「哀調」あるよい音が出るようになるまでには8年かかるということなんだそうな。


穴は5つ空いているそうで。
それから、穴を指で半分ふさいだり、メリ(半音下げる)カリ(半音上げる)と呼ばれる技法を使って、いろんな音色を出すんですね。



ありがとうございました。







さて次回は、6月18日(土)午後2時から。
「大森海岸芸者」を行います。
 
出演者は、まつの家栄太郎さんです。

実は、この方男性(30歳)なのです。女形芸者さんですね。


芸者と言ったら、なんといっても芸者遊び…!!

予定としては、参加者さんと現在の芸者遊びを体験していただこうと思っております。
ザンネンながら、お酒は出ません、すみません。

また栄太郎さんの踊りも披露していただきます。


お楽しみに!