今日はとっても暑かったですね。
まだ5月なのに……。


さて、5月20日(土) 午後2時から
街道講演会シリーズ街道歩きをもっと楽しくするために がありました。
今回で、13回目。

講師は、風人社取締代表 大森誠さんでした。
「道の理由・道の気持ち」というタイトルで、
道はどうして曲がったりしているのか、峠のお話などしてくださいました。


そういわれてみると、なんでここで変に曲がっていたり、二股になっていたり…。
ここに道がなければいいのに!なんて思ったりもしますね、たしかに。




DSCN3100























DSCN3111
























それはズバリ、道(街道)には地形的な理由があるからだといいます。

紐解くのに地形図や、大森さんが東海道を歩いた時の実際の道の写真などを参考にして紹介して下さいました。

街歩きや登山をよくする方だと、大変興味深いお話になったのではないかと思います。








次回の街道シリーズは、7月15日(土)午後2時から
「(仮名)箱根の湯治場道を行く」
講師は柘植信行さんです。

詳しい情報はもうしばらくお待ちください。
よろしくお願いします。