9月20日(水)
午後2時から前座・二ツ目お昼の落語がありました。

まず初めの前座は、柳亭市若さんの『初天神』。柳亭市馬の門下です。
天満宮で行われるお祭りに父と子が参拝に出かけるお話。お祭りには出店が付き物。子が団子をせがむシーンや食べているところがこの噺の見せ場でしょう。
市若さんの飴の舐め方や団子の食べ方が、なんともおかしくかわいらしかったです。


お団子の蜜を指ですくい取って舐めようとしてるところ。
DSCN4614





























二ツ目は、古今亭駒次さん。
駒次さんは古典よりも新作落語派とのことです。特に鉄道が好きで電車ネタも多く作っているそうです。

前半は『ガールトーク』。
とある喫茶店で主婦達のカケグチ・近所の人の噂話大会。そういう話をしている時の顔ってすごく輝いているもので…。オチも「アーそうだよね」と笑いながら納得。


一人の主婦が用事があるから帰るとのことで、皆でお見送りの場面。
DSCN4681

























後半は『公園のひかり号』。
新幹線の車掌だったおじさんと引っ越ししてきたばかりの少年との絆話。少年がとある公園に行ってみると、ひとりで新幹線ごっこをしているおじさんが。初めはただの変人なのかも思ったら……、最後は聞いてて涙が出そうになりました。
また鉄道好きということから、細かい車内アナウンスの場面など利きどころがあり魅力でした。


車掌さんの声色でアナウンス。「新幹線をご利用くださいまして、ありがとうございます。この電車はひかり号……
DSCN4710























少年とおじさん 最後の場面。…………。
DSCN4720



























今日もお客さんの笑顔が絶えない一日でした。
ありがとうございました。


次回は、12月9日(水)午後2時からです。
出演者はまだ未定です。
よろしくお願い致します。