6月16日(土)に江戸時代の粋に遊ぶがありました。
今回は、都々逸。
柳家紫文さんと弟子の柳家小夏さんにお越しくださいました。


紫文さんは都々逸の他に、新内・長唄・常磐津・日本舞踊などの名取でもあるというお方なんだそうで。とても芸達者なんですね……!

もともと三味線演奏家として、歌舞伎座などで出演し、その後、柳家紫朝の弟子となり演芸へ転身したとのことです。


演奏はまずお得意の三味線演奏からスタート。
俗曲の「蛙ひょこひょこ」

次に「新内流し」
4分ぐらい しっとりと演奏してくださいました。


DSCN6845























続いて、寄席でよくやるという長谷川平蔵ネタ。
どんなのかというと、三味線を奏でながら「火付盗賊改方の長谷川平蔵が、いつものように両国橋の袂を歩いておりますと…」から始まり、ダジャレでオチるというもの。クスリッとさせられるのがいいですね。
「川崎のお客さんは反応がいい」と、続けて6つもネタを披露してくれました。

そもそもこの平蔵ネタは、都々逸を元にしたものとのことですが、その都々逸とは一体何なのか…。


都々逸は、三味線と共に歌われる「俗曲」。ちなみに民謡もその「俗曲」の一部なんだとか。都々逸というと、7・7・7・5ですが、その民謡の80%がこの7・7・7・5の言葉になっているとのことです。民謡以外にもアニソンでも、寅さんの口上もそうなんだとか。
そう言われてみると…………たしかに多いかも……(思わず指をおる)。

平安時代から日本人は「5」と「7」の音が心地よかったのでしょうね。





2部は、お客さんに都々逸を作ってもらおうということに。出来た方は紫文さんに読んでもらいました。なかなか都々逸を作るなんていう講座はないので貴重な体験。

都々逸ってなんとなく「イキ」か「ツヤ」な感じがしていたのですが、紫文さん曰く、それよりも「オツ(乙)」を求めるものなんだそうです。(なんかちょっと難しいナ)


とにかくみなさん、結構作るのが早い。
師匠が読むたびに「これは上手い」、「面白い!」などの言葉連発。
お客さんも大笑いしながら楽しんでいました。



DSCN6858





























次回は、8月25日(土)で「新内」を行ないます。
新内は2回目となりますが、今回はワッシー・ヴィンセントさんというカメルーン出身の方に来て頂きます。もともと、カメルーン国立オーケストラでドラマー・パーカッショニストを務めていた方です。外国人初の新内三味線。
どんな感じになるのか、今から私も楽しみです。