東海道かわさき宿交流館のblog

2015年04月


東海道かわさき宿交流館は、日本橋から箱根関所までの約127kmを12回に分けて月1回歩くイベントを開催。
2015年4月17日(金)に第1回目として、日本橋から品川駅までの約10kmを歩きました。
参加者は、約5倍の人数の応募者の中から抽選で運よく選ばれた方々。
東京駅北口に集合し、9時30分出発。
常盤橋公園に移動し、ガイドから注意事項の確認と準備体操。あくまでも安全第一に。
準備体操




















日本橋に移動P4170046し、道路元標、江戸歌舞伎発祥地の碑など定番のポイントを見学。




















銀座の街を手旗をたなびかせながら一団は闊歩。この旗は、このイベント用に新調したもの。

P4170060



















東海道から外れての寄り道も多彩。
警察博物館や旧新橋停車場鉄道歴史展示室も、無料なので立ち寄り、ごく短時間ながら見学。

P4170069




















汐留では日本テレビ前にある仙台藩上屋敷門跡も赤穂浪士関連として立ち寄る。
増上寺に向かい、徳川将軍家霊廟入口前まで行き、昼食場所の芝公園芝生広場へ移動。


P4170073




















各自、持参の弁当を食べながらメンバーと懇談。全12回の同行者としておつきあいする糸口を探る。
食後は、芝公園に隣接する丸山古墳の頂上にある伊能忠敬の碑に立ち寄ってから東海道に戻る。
泉岳寺にて四十七士のお墓をお参り。
品川の東禅寺を最後の見学とし、近くの公園にて体操。リュックを背負った疲れをほぐす。


P4170090




解散地点の品川駅改札前が次回の集合地点となることを確認して、4時5分前、別れる。

次回第2回目は、5月15日(金)、
品川駅から川崎駅までのコースです。
























































































































































































































続きを読む

今日は当館のイベントがありましたよ、と。

江戸の粋に遊ぶシリーズの13回目は、浪曲でした。

女性の浪曲師の玉川奈々福さんと、曲師の沢村豊子さんにお越しくださいました。



『仙台の鬼夫婦』という浪曲を披露。


・・・・・・おもしろい!!!!



あの、わたし、浪曲、初めて聞いた者なのですが、おもしろかった。
 
三波春夫氏や村田英雄氏は浪曲出身者ということは知ってますが、実際に浪曲自体を聞いたことがなかった。(三波春夫氏は世界の国からこんにちはとル●ン音頭ぐらいしかわからない者です、すみません・・・。あと浪花節だよ人生はかな・・・・・・)


聞いててなにがおもしろいって、一定調子じゃない・・・と書けばいいのだろうか。
内容はよくある、賭け事ばかりやっているダメダメな夫に、賢い妻の物語。

私は内容よりも浪曲の雰囲気と調子が面白いと思いました。
約30分の間に、語って、語っていたかと思ったら突然唸って、啖呵を切れば今度は唄って、また語って、時々お客を笑わせて、そして登場人物の台詞に泣かせられ、ついつい引き込まれてしまいやしたよ。



正直浪曲って、もっと固っ苦しものかと思ってました。

ちょっと演歌に似ている印象でしたね。
そもそも、演歌や歌謡曲は浪曲がルーツの一つであったと知り、勉強になりました(記事を書いている者は、昔の演歌や歌謡曲は好きで聞いてる)。

ありがとうございました。





さて次回の江戸の粋に遊ぶは、6月です。内容は地唄を予定してます。
詳細はまたあとでHPのほうに載せます。
よろしくお願いいたします。


 
CIMG4325

川崎が生んだ多才な粋人 佐藤惣之助展
交流館3階にて。期間は4月10日(金)から30日(木)まで


佐藤惣之助は、日本の詩人・作詞家です。
その他に、小説や劇の脚本も書き、趣味は釣りや旅に酒だったようです。
 
 

惣之助は明治23年、川崎市砂子で生まれました。

JR川崎駅周辺のことがわかる方でしたら、川崎信用金庫の本店が彼の生家跡であります。


惣之助と言ったら、なんといっても、昭和初期の歌謡曲の作詞に大きな功績があります。

『赤城の子守唄』
『人生劇場』
『人生の並木道』
『湖畔の宿』
『青い背広で』
『緑の地平線』

・・・・・・・・などなど。

それまで惣之助は詩や俳句を作ってましたが、作詞家へ転身したのは昭和8年からです。
彼は昭和17年に亡くなりますが、10年ほどで500以上も作詞したといいます。

当時は、惣之助の書く詞は、書けば必ずヒットすると言われていました。
現在でいえば秋元康か、少し前の阿久悠といったところか。

 

作曲家である古賀政男とよくコンビを組んでいました。
どちらかというと、古賀政男のほうが名前が知れ渡られてるイメージがありますが(書いてる当人が世代が違いすぎるのであまり知らなかっただけか・・・)、

歌謡曲は、古賀政男メロディーの裏に佐藤惣之助の詞あり

といった感じでしょうか。



ちなみに、
今では歌の中に台詞が入っている曲がありますが、歌謡曲で台詞を初めて取り入れたのは惣之助らしいです。
その歌は昭和9年に出した『雨の夜船』。
歌は東海林太郎なのですが、台詞は田中絹代が歌っています。

歌も台詞もとなると、昭和17年、高峰三枝子が歌った『湖畔の宿』となるらしいです。

まぁ、もっと前の、大正3・4年に松井須磨子が歌った『カチューシャの唄』や『ゴンドラの唄』じゃないか??とか、いろいろと諸説ありますが・・・。でもこれって芝居の中の歌だからまたちょっと違ったりすると思うけれど(ボソッと)







展示室では、惣之助の生い立ちや彼が作った歌謡曲に関して、写真パネルなどで説明してます。

作詞カードを作ったので、よかったらおみやげにどうぞ。





最後に宣伝。

来月、5月は惣之助の命日です。
その命日の月に、「酔花忌」という俳句大会が毎年あります。5月10日(日)に開催です。
(詳しくは、東海道かわさき宿交流館までTELを)

また川崎今昔会と川崎区役所の主催による市民劇『華やかな散歩』(当館1階で、チケットを販売しております)がありますので、興味がありましたらどうぞ。

このページのトップヘ