最近、朝起きるとヒヤーっとしますね。寒くなってきました。
レジャーの季節でもあるので、最近は交流館へ立ち寄る、街歩きの人たちも多くなってきました。





さて。
10月15日(土)に、江戸時代の粋に遊ぶシリーズがありました。

今年の6月に「女形芸者」(出演:まつ乃家栄太朗さん 他)を行いましたが、今回は「幇間」でした。
太鼓持ちとも言います。

櫻川七好(しちこう)さんにお越しいただきました。


幇は助けるという意味があります。字のごとく「間を助ける」。
つまりお座敷の時の客と客、客と芸者の間を助け、その場の雰囲気を壊さないようにするという仕事です。

(当たり前ですが、交流館ではお酒は出てません)


酒の席ですから……なかなか難しそうですね。
七好さんいわく、「バカは出来ないけれど、利巧はやらない」とおっしゃっていました。ではどういう人がやるのだろうか……(笑)
 

七好さんは、浅草の幇間です。
ですが、もともと新劇の俳優で、たまたま幇間の役をやったところ、浅草の新内芸者宮ふじという姐さんから、「役者より幇間のほうが向いてるんじゃない?」と言われ幇間の道へと進んだといいます。


昭和11年あたりは花街もにぎやかで、幇間は全国に500人もいたそうです。
それが今や7人しかいないといいます。






芸者さんの一日(それも88歳という設定・笑)

DSCN1042






















DSCN1050

























かっぽれ
DSCN1068





















DSCN1026



























屏風芸


DSCN1055






















DSCN1052

























会場、大ウケ。

振りも面白ければ、話も面白い。
落語家さんみたいに話芸も上手で、ついつい笑ってしまいます。







後半は、お客さんの中から代表2人が、七好さんと、座布団を使ってできる芸を一緒にしました。
「七福神」という芸です。
その中から布袋様と恵比須様をしました。





今回は、七好さんのサイン色紙をプレゼントしてくださるということで。
じゃんけんで買った1名に差し上げていました。





幇間の芸なんて、なかなか間近では見られないので、興味深かったです。
ありがとうございました。








次回は、12月10日(土)14時から(会場13時半)
「狂言」を行います。
出演は大蔵流の善竹富太郎さんです。

よろしくお願い致します。